アイ結婚情報サービス 野並センター 代表 影山貴美子のコラムです

No47.2014年1月No48.2014年2月No49.2014年3月No50.2014年4月
No51.2014年5月No52.2014年6月No53.2014年7月No54.2014年8月
No55.2014年9月No56.2014年10月No57.2014年11月No58.2014年12月

2013年掲載分はこちら
No58 2014/12/30

鎌田 實さんインタビュー
だれかのために生きるとき、人は強くなれる


鎌田 實  1948年 東京都生まれ 東京医科歯科大学。
医学部卒業。長野県諏訪中央病院名誉院長。

「5,6年前から講演で、1%はだれかのために生きて みませんか」 という話をするようになりました。

だれかのために生きている人のほうが、高血圧の 発症率も低く、健康で長生きすることが、科学的に わかってきています。
だれかのために生きることは、周り回って自分のため にもなる。
せめて 1%でいいから、みんなが相手の身になって 考えれば、世の中は変わるのではないか、そう思い ました」 鎌田さんが1%の力を実感したのは、大学を 卒業して諏訪中央病院に赴任したときのこと。

地域の人たちの生活習慣を改善しようと「健康づくり運動」 を始めたが、、じきに「今までの生き方を100%変えてくだ さい」と言ってもうまくいかないことに気づいた。

食文化とは地域ごとに長い時間をかけて作られてきたもの。
そのすべてを否定することは、その人のこれまでの生き方を
否定することになるからだ。

そこで、鎌田さんたちは、塩分を抑えた味噌汁や漬物の 作り方を広め、次に野菜たっぷりの具だくさん味噌汁を作る ことを勧めた。根気よく運動を続けた結果、長野県は野菜 摂取量日本一となり、ついには日本一の長寿県となった。

「1%には不思議な力があります。初めから100%変えようと しても長続きしないけれど、1%くらいなら気軽に始められるし、 長く続けることができる。どんなことでも1%くらいなら気軽に 始められるし、長く続けることができる。 どんなことでも1%から始めれば人間は変われるような気が します」

   来月に続きます。

No57 2014/11/28

ありがとうで人間関係を深める
福田健さんインタビュー


福田健   中央大学法学部卒業。
1983年、話し方研究所を設立。
「相手を認識し、理解し、尊重するプロセス」ととらえ、話し方や聞き方の研究、指導を精力的に行っている。

今、世の中全体に、余裕がなく心のイライラを抱えている人が多いと感じませんか?そんなとき、心を込めた「ありがとう」というひと言が、殺伐とした空気を一変させ、心和む風景に変えることがあります。
わずか5文字に込められた力とは?
話し方研究所会長の福田健さんにうかがいました。

職場や地域で心の扉を開ける
「一日の仕事の終わりに、言ってみましょう。
「あなたのおかげで仕事が片づいたよ、ありがとう」と。
仕事が終わったときに言われるとうれしいですよね。
明日もまたがんばろうと、家にその気持ちをもち帰ります。

逆に「今日はミスが多かった、明日はちゃんとやって くれよ!」言われると、どんな気持ちになるでしょうか。
問題を指摘するだけではダメなんです。
指摘するのと同じくらい、感謝の気持ちも必要。

当たり前のことがちゃんとできているってことは、すごく大事なことですから。
また、ぶっきらぼうに、義務的に言うと大事な言葉が生き ません。私が強調したいのは、「ありがとう」をあなた(相手) に届けたい!ということ。それが喜びになるような、感謝の 有難うをどうすれば発信できるか。
単純なたった5つの文字だから、工夫がいるんですよ。
投げ方次第で、「素晴らしい関係をつくれること」も 相手の目を見て、「この人にどう言えば響くだろうか」と考えながら言えるといいですね。

心のこもった「ありがとう」は、人に希望のエネルギーを与えて
くれます。人と良い関係をつくっていくうえで、これほどシンプルで
温かい言葉はないのかもしれません。

さっそく実践してみたい「ありがとう」10訓
1 話を聞いてくれて「ありがとう」
2 話してくれて「ありがとう」
3 教えてくれた人に、ていねいに「ありがとう」
4 報告してくれた人に忘れずに「ありがとう」
5 気づいてくれた人に「ありがとう」
6 叱ってくれた人に心から「ありがとう 」
7 断られたときにも「ありがとう」
8 人に出会えたことに「ありがとう」
9 「 さようなら」を言うときも「ありがとう」
10 「あなた」に心から「ありがとう」

No56 2014/10/31

先月の続きです。
笑いのチカラ

昔から、「笑いは百薬の長」と言われてきましたが、最近では笑いを医療に取り入れた「ユーモア療法」が研究、実践されています。

団結を強くする
笑いをともなった楽しい会話をかわすうちに、知識や価値観、人生観などを共有する「笑い仲間」のような関係が築かれていきます。笑いをともにする経験は、心と心を結び合い、仲間意識を高め、団結を強くしてくれます。

コミュニケーションの円滑化
こちらが笑顔で接すると、相手も自然と笑顔を返してくれます。
これは、笑顔が相手に好意をもっていることを示す記号の役割 を果たしているから。笑顔や笑いは人と人との距離を縮め、 コミュニケーションを円滑にしてくれる潤滑油です。

 血糖値の上昇を抑制
緊張したときなどに出るコルチゾールは、血糖値を上げる作用があります。わらいによってリラックスすることでコルチゾールは減少し、血糖値の上昇を定常的に抑えるため、糖尿病の改善につながります。

血液循環の活性化
笑っているとき、人間は、激しく呼吸します。二酸化炭素をどんどん
吐き出して新鮮な酸素が大量に取り込まれることで、血行がよくなり、血液循環が活性化します。
又脳内の血流促進は認知症予防につながるのでは、と期待されています。

ストレス解消
ストレスがたまると、体がだるくなったり気分が落ち込むのは、血液中にコルチゾールという物資が蓄積されるから。笑うとこの物資が減少し、アルファという脳波が増加して神経の興奮や精神のの緊張を和らげます。

がん細胞と戦うNK細胞が活性化
血液中にはがん細胞と戦うナチュラルキラー(NK)細胞が存在していて、笑うと、この細胞が増加し、がん細胞をやっつけてくれます。
つまり笑いには、がんの進行を抑制したり、かかりにくくする効果があるといえます。

No55 2014/09/30

笑いとユーモア
笑いには無限の可能性がある
  著者 森下伸也 社会学者 関西大学人間健康学部教授

  「笑い」には無限の力が秘められています。
たったひと言のユーモアで、緊張がほぐれて 一瞬にして場が和む。笑い合うことで心が通い 合い、友情が深まることもあります。
そして、つらく悲しいとき、笑ってみることで困難を 乗り越える力が湧いてくることさえあるのです。
そんな力を引き出し、人生をより楽しく、 輝かせていくためのヒントを探ります。
だれでも対話の達人に!
いまこそユーモアの力を磨こう
医学、社会学、歴史学など、いま、あらゆる分野で 「笑い」についての研究が進められています。
いまこそ、 「笑い」を知り、ユーモアを楽しむための秘訣を学んで いきましょう。
笑顔は世界共通語
古代ギリシャの哲学者、アリストテレスは「人間だけが 笑う動物」と説いています。言語は身ぶり、手ぶりから 生まれましたが、もっと根源的なコミュニケーションは 表情。動物の中で人間の顔だけに約20〜30種類もの 表情筋があって、その動きで、、気持ちを相手に伝える
のです。表情は世界共通ですから、ニコニコしていれば、 言葉は通じなくともだれにでも愉快だとわかるでしょう。
「おたがい、仲良くよろうね」と笑顔を交わし合うことで、より よい社会をつくっていけるのです」。

続きは来月でよろしくお願いいたします。

No54 2014/08/28

人に好かれる話し方   

 著者  植西 あきら
  東京都出身 学習院大学卒業後、資生堂に勤務。
  独立後現在は、人びとに喜びと安らぎを与える著述
  活動を開始。95年「 産業カウンセラー」労働大臣認定を取得。

人に好かれる話し方
簡単な挨拶でお互いの緊張感を和らげる
職場内の狭いエレベーターに偶然、同僚の誰かと乗り合あわせることがあります。
そんなときに、お互いに無言でいると、なんとなく緊張感が高まり、気まずい雰囲気ができあがってしまいます。

簡単な挨拶で、その場の雰囲気を和らげることができます。
「こんにちは、最近調子はどうですか」
「先日はありがとうございました。おかげさまで助かりました」
「今日はいい天気ですね。こんな日に仕事なんてバカらしいですね」

ほんとうに簡単な挨拶であっても、無言でいるよりはずっと
その場の雰囲気を和ませる効果があります。
エレベータだけではなく、職場の資料室や会議室などで
偶然、誰かと二人っきりになった状態のときも同じです。
狭い空間で誰かと二人きりになる状態は、どのような場所で
あっても、お互いの緊張感が高まってしまうものです。
ですから、簡単な挨拶でそれ以上、、緊張感が高まらないよう
にするのがいいでしょう。
性格的にシャイな人には、簡単な挨拶程度の言葉であっても、
そのひと言がなかなか口から出てこないという人も多いようです。

しかし、無言でいると緊張感が高まるばかりか、相手から「あの
人は私を嫌がっているのではないか」といった、よけいな誤解をも
受けかねませんので、注意するほうがいいと思います。

とくによく知らない相手と二人きりになる場合には、挨拶のひと言
が出てこないということも多いようです。
たとえよく知らない相手でも、同じ会社内なら、「あ、どうも」と笑顔
で言う程度のことを心がけるほうがいいと思います。

No53 2014/07/30

パーティーを10倍楽しむ方法   

  藤田尚弓 (株)アップウエブ代表取締役
  警察署勤務、営業職を経て2006年に企業。

パーティーの醍醐味は「出会い」「つながり」「交流」。
皆さんもパーティーと聞くと、新しい出会いや多くの
人との交流を期待してワクワクしませんか?
いつもの行動範囲では会わない人と知り合えたり、
たくさんの人と話したり出来るのがパーティ―の魅力。

ですが、せっかく参加してもただ待っているだけでは
知らない人の間で居心地の悪い時間を過ごすことにも
なりかねません。

自分自身が「楽しもう」という気持ちになって積極的に
行動することがパーティーを楽しむコツなのです。

ではどうすれば人見知りさんでも知らない人と交流でき
るようになるのでしょうか。
パーティーに参加した人がとまどうのは、誰にどう話しかけ
ていいかわからないという場面。

これは「話しかけルール」と、「きっかけワード」を準備す
ることで克服できます。
例えば、「一人になったら、一人でいる人を見つけて話し
かける」「会場を一周し、目があった人に悩む前に話しか
ける」といったようなルールを決めておきます。

そして事前に用意しておいたきっかけワードを使って会話をは
じめてしまうのです。きっかけワードは「知らない人ばかり
だと緊張しますね」「賑わっていますね」といったものでOK.

相手も同じように、知らない人と話したいと思っているはず
ですし、一人でいるのは気持ちのいいものではないので、
気軽に会話に応じてくれるでしょう。

きっかけワードの後は自己紹介や、どんな経緯でパーティー
に参加したかといった定型の挨拶や、相手の自己紹介に
関連した質問をしましょう。
こうしているうちに会話のぎこちなさは克服できます。

度胸や勘の一発勝負を避け、ほんの少しの準備をするだ
けでパーティーハグッと楽しくなりますよ。

    
パーティーを楽しむ10カ条
1  話しかけルールときっかけワードを準備しておく
2  名刺は多めに持参する(会社の名刺でも個人の名刺でもOK)
3  印象に残る自己紹介を作っておく
4  積極的に楽しむ気持ちを忘れない
5  ネガティブ発言はしない
6  同じ人とばかり話さない
7  飲食よりも交流重視
8  空腹での参加は避ける
9  TPOに合った装いで好印象を
10  料理や出会いなどに期待し過ぎない

No52 2014/06/30

今月は人生の大先輩の方の素晴らしい生き方に
感銘を受けましたので、ご紹介させていただきます。

年令にこだわることなく人生の生き方の姿勢に
学ばせていただくことが多くあると思いました。

107才の声楽家きれいに生きる秘訣とは?
嘉納愛子さんインタビュー

かのうあいこ 声楽家、音楽教育者、1907(明治40) 1月1日、
大阪市生まれ。東京音楽学校(現・東京芸術大学)
卒業後、山田耕作に師事。

ふんわりとカールした白髪、シミのない透明な肌にシックな装い。
ピンと背筋を伸ばした立ち姿に気品が漂う嘉納愛子さんは
今年1月、107歳の誕生日を迎えた。

声楽家、音楽指導者としての経歴と、健康長寿を謳歌する姿が
注目され、テレビや雑誌の取材が殺到、多忙な日々を送る。

「そんなに生きてきたかしら、と思うくらい107年はあっという間。
恵みの人生を生きてきたけれど、身が張り裂けるほどつらいことも
ありました。でもすべてが自分の糧。
そう考えると人生は公平だなと思います」

この3月嘉納さんは人生初の自叙伝『107歳 生きるならきれいに
生きよう!』を出版した。

ある研究によると、長寿を可能におする遺伝子はすべての人が
もっているが、通常は眠ったままになっていて、これを働かせるには
生活習慣や考え方が大きく影響するという。
声楽の発声による深い呼吸、毎日の運動,十分な睡眠とバランスの
取れた食事など、嘉納さんの暮らしは長寿遺伝子が働く生活スタイルと見事に一致する。

昨年秋に出演したテレビ番組でも、体内年齢を測ったところ、「31歳」
の結果が出て、人びとを驚かせた。
「まだまだ見たい、食べたい、聴きたい、歌いたい。私はやりたいことがいっぱいの欲張りな人間なんです。これも長生きの秘訣かもしれませんね」

健康できれいに生活するには・・・
1 おしゃれを楽しみ
お会いする相手を喜ばせる気持ちでおしゃれを楽しむことが大事。
2 毎日の運動を忘れずに
運動は毎日の努力が大事。私も腰回し、足上げ、首回しなど自分で考えた15分ぐらいの体操を続けています。
声楽の呼吸も、取り込んだ酸素が筋肉や脳を活性化させるそうです。
3 食事はバランス良く
私はお造り、天ぷら、うなぎ、お肉を週に1度は夕食のメニューに入れています。要するに野菜、肉、野菜などいろいろな食材をバランスよくおいしく食べることが健康の源です。
4 ストレスをコントロールして
ストレスは免疫力を低下させるので老化の大敵。
いやなことがあっても人に辛抱させるよりは自分が辛抱するほうがいい。そう覚悟を決めていればストレスはたまりません。
5 好奇心をもってチャレンジ!
見たい、行きたい、食べたい、やってみたい、何にでも好奇心を持ったら毎日ワクワクします。欲がなくなったらつまらないですよ。90歳から始めた川柳も私の楽しみの一つです。

No51 2014/05/30

著者  渡辺美紀  先月の続きです。
初対面の人とも会話が弾むコツ
共通点を見つけ、より身近な「仲間に」


この人と、もっと仲良くなりたいと思ったら、
「どんな小さなことでもいい、何か共通点はないか」を探します。

好きな食べ物、趣味、旅の話など、共通点をみつけた
ときには、「私も○○が好き、こんな食べ方も美味しい」
「△△旅行では美術館を巡って感動しました」などと、
自分も同じものが好きなことを具体的に伝えて、そのひと言が、
相手をより深く知る呼び水になります。
浅い共通点を探るなかで、特定の人しか知らないコアな情報
を共有できたら、心の距離はぐっと近づきます。
私は、苦手意識のあった方と趣味の山登りという共通点を
見つけ、山談議で時間を共有。
恐く見えていた方が頼れる仲間になりました。共通点探しは、
心の壁を乗り越える切り札です」

相手が安心して話せる「さしすせそ」の言葉
相手を知るためには、気持ちよく話してもらうことが大切。
聞き上手と言われる人たちに共通しているのが、
話しやすいい雰囲気を自然に作っていることです。
「似たような話でも、その人から聞くのは初めて。その人ならではの
視点や思いがあるかもしれません。気持ちのよいあいづちで
相手は、もっと話したいとの気持ちが駆り立てられます」
さて、相手が嬉しくなる魔法の言葉が、
「さしすせそ」のあいづちです。
「さすがですね」「知りませんでした」「すごいですね」
「説得力があります」「そうなんですね」さらにあいづちの効果をより
高めているのが、表情。「目線を合わせ、同じ表情を共有することで
感情も共有でき、安心感がより増します。


山談議で時間を共有。

No50 2014/04/30

友情をはぐくむヒント
いい出会いをつかむ!初めての人とも親しくなれる


著者 渡辺美紀
「10倍伝わる話し方」代表・講師
上智大学卒業後、外資系食品メーカーにて、営業、企画を担当
するかたわら、劇団を立ち上げ、舞台役者としても活動。
「話して伝えること」を仕事にしようと独立。
テレビ番組レポーター・ナレーター司会業のほか、セミナー講師
として活躍する。

春は出会いの季節ー。「素敵な人だな」「お友だちになりたいな」
と心に感じたときめきを大切にしたいものです。
思いを相手に届けるには、じつは「伝え方」が大切。
これまでの伝え方をほんの少し変えるだけで、初対面の人とも、
打ち解けて話ができます。
苦手だなと思っていた人も、思いを分かち合い、頼りになる
仲間になります。
伝え方を変えるだけで、相手との心の距離はぐっと近く
なるのです。

会話に苦手意識がある人は、この習慣で「会話上手に」
どんな人にもまず自分から笑顔の挨拶を

反応が薄い相手でも、自分が気乗りしないときでも、挨拶だけは
いつもニッコリと行いましょう。
大切なのは、相手に気持ちがいいと感じてもらえる自分に
変わること。もっとも簡単ですぐできる行動習慣です。

出会った人に必ず「ありがとう」と言う
出会いに感謝を伝えたい。
1回のやりとりで1回のありがとうを伝えることを目標に。
おすすめなのはバス運転手、スーパーの店員など、見知らぬ
人びとに「ありがとう」を言うこと。
日常の習慣として身に付くことで自然に声がかけられるように
なります。

「相手の長所を見つけよう」と心に決める
意識を高めていいところを探すと、今まで気づかなかった
相手の良さが目に飛び込んできます。
発見した長所をさりげなく言葉にすることで、大切に思う
気持ちが伝わり、相手との関係も良好に。
「今日も出会う人の長所を1つ見つけよう」という思いを、
つねにもち続けましょう。

来月はこの続きとさせていただきます。

No49 2014/03/27

幸福力
著者  海原純子
自分に合った休息ルールを
休むことに罪悪感をもたない


「リラックスのための時間を積極的に作ること」
多くの人は、一日のなかで「余った時間」をリラックスのために
使おうとします。
仕事や家事、子育てや介護など、必要なことを全部やり終えてから
でないと、リラックスのための時間はもてないと思い込んで
いるのです。

しかしこれではよほど暇な人でないかぎり、自分のための時間など
もてるはずもありません。
そこでお勧めしたいのが「時間を天引きする」ことです。
自分のなかでルールを決め、給料から預金分を天引きするのと
同じように、リラックスのために使う時間をあらかじめ確保して
おくわけです。

「夜10時からの一時間はストレッチに充てよう」
「週一回はプールで泳ごう」「一日10分ストエッチしよう」という具合に
「ここだけは自分の時間」と決め、すべてのことから解放される
時間を作りましょう。
そのためには、日単位、月単位、年単位で、リラックスのための
時間をあらかじめプランニングしておくことが大切です。

とはいうものの、なかには、リラックスのための時間を作ることに
罪悪感を覚える人もいます。
「老親をディサービスに預けて、自分だけ旅行に出かけるなんて、
とてもできない」という人もいるでしょう。
なぜ、私たちは、休息をとることに罪悪感をもつのでしょうか。
「休息=怠慢」という思い込みに縛られているからです。
そのことで、過去に人から非難されたことがあるかもしれないし、
こんなことをしたら人から非難されるかもしれない、と
勝手に思い込んで、自分自身を縛っているのかもしれません。
もちろん、休むのも休まないのも、個人の選択です。

ただし、一つだけ言えることは、どんな役割であろうと、休息を
とらなければパフォーマンスを上げられないということです。
もしアスリートが、毎日40キロ以上走っていたら、いずれは体を
壊して走れなくなってしまうでしょう。
仕事や介護、子育ても同じで、良いパフォーマンスをするためには、
疲労回復のための休息時間が必要です。

休息もとらずに毎日深夜まで働き続ければ、過労とストレスで
病気になってしまうでしょう。
それどころか、過度のストレスで心を病み、子どもや親を虐待して
しまうケースもあります。
今流行のお掃除ロボットだって、充電しなければビクリとも働かない。
機械でさえそうなのですから、人間にも充電時間は必要なのです。
もし、あなたが親の介護をしているのであれば、介護保険にある
「ディサービス」や「訪問介護サービス」などを積極的に
利用しましょう。

また、あなたが子育て中ならば、自分でなくてもできることは、
どんどん人の手を借りましょう。
ミルクを飲ませることぐらいなら、家族や友人などに手伝ってもらう
こともできるはずです。
人に頼めることは頼み、一日のうち一時間でもいいので育児から
解放される時間を作ってみてはどうでしょうか。

休息をとることは、自分のためであると同時に、家族や周囲の
ためでもあります。
だからこそ、知恵を絞って時間を作ることが大切です。
ただし「どれぐらいの休息が必要か」は個人差がありますから、
他人のことは気にせず、自分の体と相談しながら、決めていくしか
ありません。
自分なりの休息ルールを決めそのことをまわりにも理解してもらう。
そうやって、自らのライフスタイルを自分の責任において作って
いくことが大切だと思います。

No48 2014/02/27

ここしばらく1月掲載の継続とさせていただきます。
幸福力
著者  海原純子
人と人をつなぐユーモアの力


人と人とが距離を縮め、心通わせていく過程にあって、
「ユーモア」は非常に大きな役目を果たします。

評論家・エッセィストの外山滋比古(トヤマシゲヒコ)氏は、
「日本大百科全書」を引用して、「自分と他者を同じ高さに置き
しかも相手に思いやりをかけて笑うとき」に真のユーモアが
生まれてくるとしています(「ユーモアのレッスン」中央公論社)
このようにユーモアには、よりよい人間関係を築くための要素が
含まれているのです。
また、ユーモアとは客観的に物事を見るところから生まれるとも
いえます。

過去のひどい失敗が、今は笑い話になっているという経験は
ありませんか。
そのことを思い出すだけで恥ずかしくなったり、悲しくなっていた
気持ちが、時間とともに和らいでいき、
「そんなことで悩んでいたんだな」と客観的に思えるようになって、
ついには笑い飛ばすことさえできるようになる。

つまり失敗にはユーモアが生まれるチャンスがあるのです。
ですから私は、いつまでも失敗をクヨクヨせずに、
「この経験をいつユーモアにできるかな」と思いながら
見ていくように心がけてきました。

そうやって失敗をたくさんの笑い話に変えて、ジャズライブを
開催する際のトークのネタとしてもっていくのです。

つらかったこと、苦しかったことをユーモアに変える力―。
これは,私の密かなスキルであり、才能だと思っています。

No47 2014/01/30

幸福力
幸せを生み出す方法
著者  海原純子 心療内科医
「幸福な自分」になるためのメソッド。
利他の心で強くなれる


他人の幸せを願うこと。自分を犠牲にしたとしても
他人の利益のために行動すること―――。
これら「利他の心」には、自分の「幸福力」を高めていく
大きな力が秘められています。東日本大震災では
多くの方が犠牲となりましたが、なかでも我が身を顧みずに
他人を助けようとして亡くなられた人々があまりにも多く
いたことは、私たちの記憶に深く刻まれています。
たとえば津波を知らせるために最後まで車で走りまわった人々。
その心は恐怖と不安で震えていたのでしょうか。
私はそうは思いません。彼、彼女らの心にあったもの、
それは他人を助けようという必死の思いだけだったのでは
ないか、と。人は自分の身だけを守ろうとすると不安に
なりますが、ひとたび保身を忘れると不安がなくなります。
福島第一原発で爆発が起こった後,私は不安でいっぱいでした。
ですが医者である自分がこのときに何もしなくていいわけが
ないと、避難所となっているさいたまスーパーアリーナに
向かいました。
いつ止まるか分からない電車の中で私の心を占めていたのは、
被災者の皆さんの緊張をほぐすストレッチの内容や手順の
ことばかり。つい先頃まであった不安は消え、「もしそこで何か
あって死んだとしても後悔しない」とさえ思っていることに
気づいたのです。利他の心によって人は強くなれる。
他人のために何かをすることは、結局は自分のためになるのだ
と感じました。
又、いざというときに人のために動ける人は、普段から自分に
何ができるのか、自分の役割は何かを考えて生きているように
思います。数年前、高速道路を走るトラックの車輪が外れて、
対向車線を走行中のバスを直撃する事故が起きました。
横転して大惨事となってもおかしくないほどの事故です。
ところが亡くなったのはバスの運転手さんただ一人で、乗客には
けが人さえ出ませんでした。
不思議に思っていましたが、後で、運転手さんが自らタイヤの直撃を
受けるようにして、ブレーキを踏んでいたことを知りました。
乗客の話ではバスは静かにゆっくり止まったそうです。
それを聞いて長年無事故の勤務を続けていたという彼の仕事への
使命感と、最後まで自分の役割を全うしたことに、私は胸が
熱くなりました。こうした行動は、命を助けられた人だけでなく、
多方面にさまざまなメッセージを発信していきます。
自分は名前も知らない多くの人々によって支えられている。
そんな意識が芽生え、自分の生活を守ってくれている
「誰か」に対して感謝できるようになるかもしれません。
ただ最近は、「してもらう人」と「してあげる人」が固定化している
ように感じます。
若い人たちと話していると、「自分は小さな幸せでいい」という
人がいます。
しかし自分の幸せを守るために誰かが休みの日に病院を開けたり,
誰かが夜中でも交番にいて安全を守ったりしているからこそ、
その小さな幸せが成り立っていることに気づいていないのです。
それは、とても悲しい感覚ではないでしょうか。
ですから、私は人の幸せのために何ができるか、社会にどう貢献
できるかを常に考える視点をもつことが必要だと思っています。